社員と言う職種に驕らない為に

不景気が続くこの世の中です。

現代では様々な雇用形態で働く人が非常に増えています。

その中には社員と言う職種がありますが、この雇用形態で働く人と言うのは安定度が他の雇用形態とは違います。

正規雇用と言う点で雇用期間と言うものも基本的にありませんし、業績に応じては賞与も発生しますので金銭的メリットもあります。

ですが、これからの時代にはこれまでのようにいかなくなる可能性があります。

昨今のニュースにおいて正規雇用への解雇条件が緩和されると言うものがありました。

これまでは正規雇用であれば特段の事が無い限り解雇される事はありませんでしたが、今後はその条件を緩和すると言うのです。

これによって企業が抱えていた人件費等の問題の解消へと繋がると言います。

では、簡単に解雇対象にならない為にはどうすればよいのでしょうか。

私が考えるものに、初心・謙虚さ・向上心の3つがあります。

まずは初心ですが、これを忘れてしまうとマンネリと毎日仕事をこなすだけとなってしまい企業側にとっては居ても居なくても良い存在と言う印象を抱いてしまいます。

そして謙虚さです。

どうしても長く同じ場所にいると傲慢さが出てくるのが人間と言うものです。

これも企業側にとっては厄介な部分と言う印象を抱いてしまいます。

最後に向上心ですが、これがある事によって今後も企業側にとってメリットのある人間だと言う印象を抱かせる事が出来ます。

社員と言う職種に驕りを持ってしまっていると感じている方は、今一度自分を見つめ直すのも良いのではないでしょうか。